ファックスの進化

ファックスをよく活用する場面は?

ファックスをよく活用する場面は? 最近はデジタル化が進み、ファックスを利用する人が少なくなってきています。
しかしファックスならではの便利さもあるのです。
地図を送ったり、絵や簡単な画像を送る時にも活用できます。
仕事の書類を送り、そのまま資料として使うことも可能です。
データで送ることもできますが、地図など実際に紙であるのとないのでは便利さが違います。
いちいちスマホの画面を開けなくても、パッと送られてきた紙を見る方が早い事も多いです。
また、お手紙代わりに使うのもおすすめです。
いつもはメールやラインでのやり取りも、自分で文字を起こすと意外と楽しいものです。
いつもとは違った気持ちの伝え方ができます。
ファックスを持っていない人はコンビニで送ることができます。
コピー機にファックス機能があるのでチェックしてみてください。
一回50円ほどなので気軽に利用できます。
コンビニにもよりますが、海外へも送ることができるのです。
今の時代アナログな感じがしますが、使ってみると意外な良さに気付くでしょう。

企業でファックス利用が必要なケース メールとの違いは?

企業でファックス利用が必要なケース メールとの違いは? メールを使用する場合にその送信する内容としては、文書以外にも添付データなども一緒に送信することができます。
この役割を一昔前まで担っていたのがファックスですが、その送信データの容量が大きくなればなるほど出力される紙の量が増え、受信するまでに時間がかかっていました。
そのため、近年その利用頻度は減少していますが、その利用価値が全くないかと言えばそうではありません。
最近では、電子署名なども可能になりましたが、直筆のサインが必要な書類であればやはりファックスで送信する方が便利なためそちらが利用されます。
これはもちろんメールではできないので、選択肢はこちらしかありません。
そのため直筆の書類であれば、メールで送る場合はスキャナで取り込むという動作が増えるためファックスの方が便利だと言えます。
このファックスに関して、ネット回線を使用して送受信できるサービスがあるため、そちらを利用すればスマホでも確認ができ、非常に便利だと言えます。

新着情報

◎2018/3/6

ファックスのデメリット
の情報を更新しました。

◎2017/10/12

よく活用する場面
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

ネットを使ったファックス
の情報を更新しました。

◎2017/7/27

サイト公開しました

「FAX 活用」
に関連するツイート
Twitter