男性の金銭感覚がわかる瞬間とは?

金銭感覚がわかる瞬間についてご紹介します。
いくら深い仲であるとはいえ、あまり話す機会がない話がお金についてではないでしょうか。
恋人と一緒にいる時に、この人の金銭感覚はおかしいのではないかと感じたことがある人は意外と多いものです。
相手が稼いだお金なのでとやかく言いたくないという気持ちもあるかもしれませんが、もしもその恋人と結婚する予定があるのであれば、そうも言ってはいられません。
結婚するとなると将来に向けてまとまった額のお金が必要になってくるのです。
そこでまずはきちんと相手の金銭感覚を把握しておくことが大切です。
金銭感覚がわかる瞬間のひとつに、貯金がまったくないことがわかった時があげられます。
社会人にもなって毎月のお給料をどのように使っているのか把握できていない場合には、改善が必要になるでしょう。
金銭感覚がわかる瞬間の二つ目には、見栄を張っている時ではないでしょうか。
男性は見栄っ張りであると言われるものですが、それにも限度があります。
飲み会でみんなの分までおごっていたり、収入に見合わないマンションに住んでいたり、ローンを組んでまで高級な持ち物を購入しているようなことが見られる場合には要注意といえるでしょう。

img01

金銭感覚の違いで離婚になることはありえる?

金銭感覚をある程度共通させておくことは夫婦生活を維持するうえでも非常に重要なことになりますが、実はこの違いがあまりにも大きくて、生活を維持できないほどになっているとされた場合には、金銭感覚の違いが理由となって離婚に至ることがあり得ます。
まずそもそも離婚をするということには二人が合意するか、裁判所が話を聞いて命令を出すかのどちらかの方法で行われます。
一般的に「金銭感覚の違いがひどいな」と感じて離婚を切り出しても、スムーズに分かれてもらうということはできないでしょう。
よってこの場合は裁判所に話を聞いてもらうことになる可能性が高いわけですが、裁判所はこうした金銭感覚の違いを「性格の不一致」として離婚を認める可能性が高いです。
性格の不一致というのは、その名の通り夫婦の性格に差があるため、夫婦生活を維持することが難しいというものです。
性格が一致していないことによって愛情が育めなくなり、そのために結婚生活を維持するのは不可能である、それならばもう別れてしまった方がお互いにとって良い道だろうというのがその根拠なのですが、とにかく「金銭感覚の違いで離婚をすることはあり得る」と考えておくことは大切です。

img02

病気の可能性も!医師の診断を受けるという選択肢

借金に悩まされる人の多くが訴える事例の一つに、金銭感覚が麻痺してしまい浪費を止められなくなってしまったケースがあります。
最近は気軽に融資を受けられるカードローンが普及してきたり、パチンコやスロットなど、短時間で多くの金額を消費してしまう可能性のあるギャンブルが身近に存在していたりと、特に浪費癖のある人にとっては金銭感覚を正常に保つことが難しい環境が形成されています。
わかっているのに止められないというのは、ある種の病気である可能性が高いと判断できます。
通常の場合は理性によって合理的なお金の使い方を判断できるのですが、脳の機能が低下するとお金を使いたいという欲求にブレーキをかけることができにくくなるのです。
それが依存症という病気です。
正式に医師の診断が必要ではあるものの、買い物依存症またはギャンブル依存症という病気は少なくありません。
借金に悩む本人はもちろん、金銭感覚が麻痺してしまい異常な浪費をする人が周囲にいる場合には、病気の可能性があることを示唆し、医師に診断してもらうことを進めると良いでしょう。
一度麻痺してしまった金銭感覚も、適切なカウンセリングや投薬、行動療法などで改善することが可能です。
医師から診断を受けた場合には、きちんと指示に従って改善に向き合うことが重要です。

img03

親の金銭感覚は子供の教育に影響するでしょうか

金銭感覚は人それぞれですが、浪費家の両親の元で育った子供はやはり浪費家になる場合が多く、ものの価値観というのは親から子供に反映されることは否めません。
我が子が欲しがるからといって、家の家計を顧みずどんどん物を買い与える親が時々いますよね。
もちろん学校のクラスの中で、自分の子だけ持っていないものなどがあったら、親としては不憫に思い、つい買ってしまうというのは当たり前のことかもしれません。
しかし、それがどんどんエスかレ-トしてくれば、我が子は「うちの親はおねだりすれば、何でも買ってくれる。うちはお金持ちなんだ。」と勘違いしてしまうかもしれません。
これは教育上、後から問題が出てくる可能性があります。
何故なら金銭感覚というのは、一度身についてしまうとなかなか変えることが難しいからです。
よく、生活レベルを落としたくないから結婚はしない、という人がいますが、そのことからも価値観を変えるということが難しいことがわかりますよね。
そして当然のことながら、学校ではそういった教育はしてくれません。
子供に正しい金銭感覚を持たせる教育をするのは、親として取り組みたいところです。
そしてそれは親の影響を大きく受けるので、親がきちんと計画を立てた生活をすることが重要なのではないでしょうか。

img04

金銭感覚が違うと重大な問題を抱えるかもしれません

上で書いたように、金銭感覚というものは人によって様々であり、場合によっては病院に行かなくてはいけない可能性もでてきます。
金銭感覚が手持ちのお金とあまりにもずれていると、お金を借りたりする行為に走ることもあります。
借金をしてしまい、借金苦になって日々の生活が辛くなったらどうしたらいいでしょうか?
ここで1つウェブサイトを紹介します。借金苦について色々な視点から述べられているウェブサイトです。